Effective Computer Science - 頂は礎の上に -

新しい技術の多くは基礎的な技術の上に成り立っています。激動の技術変化に耐えうる体系知識の習得を目的に「基礎と実践の架け橋」となるサイトを目指します。

1-of-K表現 とは

https://image.slidesharecdn.com/20150701signl-150730062217-lva1-app6892/95/denoising-autoencoder-8-638.jpg?cb=1438237509

1-of-K表現 (One-hot表現ともいう)

  • K種類の離散値を取る確率変数の表現手法
  • 成分のひとつだけが1、残りがすべて0となるK 次元ベクトルで表現する